相続時精算課税制度ってなに?税理士に相談してみよう!

相続税を減らしたい!なにか方法は?

相続とは、あなたのおとうさん、おかあさんなどが死亡してしまった場合に、その死亡してしまった方から金銭的価値のある財産を受け取った場合のことを指します。その受け取った財産が国が定めた金額より大きくなった場合に、国に納めなければならないお金が相続税です。今回はその相続税を減らすことも可能な法律、『相続時精算課税制度』の中身を説明します。

相続時精算課税制度とはいったいなに?

相続時精算課税制度とは、簡単に言いますと生前贈与のことです。生前贈与は本来、年間110万円以上行うと税金が発生するのですが、この相続時精算課税制度は贈与者が60歳以上で、受け取る側が20歳以上の子、孫なら、2500万円贈与を受けることが可能となる制度なのです。

メリットとデメリットは?

そんな便利な相続時精算課税制度にもメリットデメリットは存在します。メリットは、まず2500万円までなら無償で贈与を行えることが挙げられます。通常の贈与は年間110万円までしかできないのに対して、一括で2500万円贈与が可能なので20年分以上の金額を贈与できることになるからです。生前に贈与しているので、贈与された方の財産となることが確定しているため、相続争いが起きないことも挙げられます。デメリットは、一回制度を適用してしまうと二度と撤回することはできないこと。適用するとその時点から年間110万円の無償贈与は不可能になることなどが挙げられます。

財産状況を見極めて適用の有無を決めよう。

このように一見便利に見える制度にもメリットとデメリットは存在します。個々の家庭の財産状況で適用するかしないかの有利不利は分かれるため、相続時精算税制度を適用するかしないかの選択は、税金のプロである税理士さんに相談してから決めるのが一番だと言えるでしょう。

相続税の税理士の選び方にこだわるうえで、いくつかの実績のある事務所の無料相談の機会を利用することで、相性の良いスタッフを見つけることが良いでしょう。