働きながら資格の取得ができる介護職の仕事

いくつかの種類のある介護職の資格

介護職には、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)をはじめ、介護職員実務者研修(旧ヘルパー1級)や国家資格である介護福祉士、ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格があります。

正社員として仕事に就くには

まずは、130時間のカリキュラムで最短約1ヶ月の介護職員初任者研修を受けることが必要です。これにより、要介護者や要支援者の自宅を訪問し身体介護や生活援助の業務が行えることになります。このあとに、介護職員実務者研修を受け、初任者研修よりも受講時間が長いですが、キャリアに繋がる研修ですので修了することが大切なんです。

実務者研修修了者となると

研修を修了すると、今までの介護業務のほかにサービス提供責任者としても仕事ができるため、キャリアの一歩とも言える資格です。実務者研修修了者は、医療ケアを学びながら3年の実務経験を積むことで介護職の中で唯一の国家試験の受験資格が得られるので、長く仕事を続けたい方は、ぜひともここまで頑張ることも大切でしょう。5年の実務経験後には、ケアマネージャーの受験資格も得られるので実務経験ありきなのが介護職の特徴と言えますね。

介護福祉士の国家試験やケアマネージャーの受験には

受験するには当然のことながら合格しなくては話になりません。難易度の高い試験ですので、それ相応の受験勉強を働きながら行なうことになるんですよね。育児との両立で難しいなどと問題もありますが、通信型や通学型の自分のライフスタイルに合った講座を受講することがお勧めです。

みごと試験に合格すると

介護福祉士資格は、介護職のプロとして認められ、訪問介護事業所の管理職、介護施設などでは生活指導員やほかの介護士の育成など、ケアマネージャーは最高峰のキャリアとして活躍の場が広がるので働きながら資格を取得しキャリアを目指してください。

実務者研修は、スキルアップや部下の指導法などを覚えるうえで、欠かせないものであり、将来的に責任のある地位を目指すうえで重視される傾向があります。