弁護士にとって裁判所はホームでも、司法書士にとって裁判所はアウェイ!

裁判官・検事・弁護士は仲間達

近年、司法書士が過払い金請求について活動することが増えていますが、裁判所では裁判官・検事・弁護士によって進められるのが実情で、他が介入できることは殆どありません。なぜなら、国家試験最難関の司法試験を合格した後に行なわれる司法修習を共に受けた仲間達、弁護士にとって裁判所はホーム(自国)ですが、司法書士にとって裁判所はアウェイ(敵地)です。

最強の法律家が弁護士

弁護士は債権額の制限がなく活動することが出来ますが、司法書士は債権額が140万円以下の場合に限り活動することが許されています。つまり、債権額が140万円以上の場合は、司法書士は従来通り代書屋としての活動しか出来ず、依頼人は自ら裁判所に出向いて相手方と対峙しなくてはなりません。弁護士・司法書士・行政書士など多くの法律家が存在しますが、法律家の違いは代理権にあります。行政書士は官公署へ提出する書類を依頼人に代わって行う代理権、司法書士は裁判所や検察庁などに提出する書類を依頼人に代わって行う代理権がメイン、弁護士には代筆の代理権はもちろん、依頼人に代わり相手方と直接交渉したり、裁判所で相手方と対峙することが可能です。つまり、最強の法律家が弁護士となります。債権額が140万円以下で簡易裁判所で扱う案件であれば認定司法書士にも代理権が認められていますが、裁判所をホームとする弁護士相手に認定司法書士が戦いを挑むことは殆どありません。なぜなら、勝ち目がないことは、火を見るより明らかだからです。司法書士と弁護士どちらに依頼するか迷う場合は、最強の法律家である弁護士に依頼することが賢明です。

ミカタは単独型の弁護士保険です。個人で加入でき、自動車事故の時のみといった縛りはなく、問題解決に必要とした弁護士費用を補償してくれます。