知らなかった!?自己破産と弁護士費用とは?

どのような場合に自己破産が出来るのか

借金の額が多く、返済が難しい場合には、自己破産をする事も検討するべきですよ。例えば、利息などによって借金が高額となってしまった時には、返済が難しいですよね。そこで、法律家に依頼する事により自己破産の制度を利用するといった方法もあるんですよ。収入が少ない時や支払いがどうしても出来ない時には、弁護士が裁判所に対して自己破産の申請を行ってくれるでしょう。自己破産をすれば、基本的に借金を支払う必要は無くなるんですよ。自己破産に必要な書類や手続きは法律に詳しい弁護士などの専門家に相談すると良いですよ。

弁護士にはいくら支払うのか

自己破産をする場合には、弁護士に対して報酬を支払う必要がありますよ。しかし、弁護士によっては自己破産が出来なかった際には料金が発生しないという事務所もありますので、事前に相談しておくと良いですね。自己破産が出来た時に料金を請求される弁護士事務所の場合だと、もともとの借金の額によって報酬が変わるのが一般的でしょう。そのため、自己破産の手続きを依頼する前に自分が支払うべき金額についてきちんと弁護士に確認しておく必要がありますよ。

自己破産の手続きの方法とは

自己破産をする事になった際には、裁判所において免責の手続きをする必要があるんですよ。そのため、裁判所で何故借金が増えてしまったのかをきちんと事情を説明できるようにしておかなければなりませんよね。担当の弁護士さんと事前に相談して、裁判官に納得できる証拠を出せるようにしておくと良いですよ。

自己破産を行うと、多額の債務から解放されますが官報に氏名が記載されてしまうので気を付けましょう。また、信用情報機関にも名前が載るので、およそ10年は新たな借金ができなくなります。