借入ギリギリの人は気をつけたいクレジットカードの使用停止

借入ギリギリの人は要注意!増額のお誘い

クレジットカードの借入で、年収の3分の1でギリギリ借入れている人は、クレジット会社から借入金増額の話が来たら気をつけてほしい。

時にカード会社が、年収3分の1をオーバーして借入れてないかどうかのチェックをしてくるからです。

借り入れギリギリならば、すでに苦しい状況は誰でもわかります。増額の話が来れば当然、増やしてほしい訳ですからついついこの話に乗ってしまいます。ですが、電話の最後に「保証会社に依頼して、たぶん大丈夫ですが増額オッケーか、変わらないか、もしくは停止になるか審査してみます」と言われたら、総量規制をオーバーしているかも知れない方は要注意。見事に「カード利用停止」の通知が届きます。このときはむしろ、増額しなくて大丈夫と言って、余計な審査をさせないようにその場をしのぎましょう。

一つの会社が停止されると他社も借り入れできなくなる

複数のカード会社から借入をしていて、総量規制を越えてしまっている方で特に借金を借金で払っている方は注意してください。

一つのカード会社が総量規制に気が付いてカード利用を停止した場合、予告もなく他のカード会社からも借入ができなくなっています。現在はネット社会で金融情報もながれています。特に大手銀行グループの関連カード会社の場合には、そのグループ関係企業のカードはほぼ使えなくなってしまいます。

こうなると借り手はどうすることもできなくなりますので、とにかく早くお金をためて総量規制のギリギリラインから脱出してください。

決済代行とは、決済の一括契約システムをさします。クレジットカード決済やコンビニ決済などが該当します。