宅建は学校に通わずに独学でも取得可能な資格

宅建の試験は年に1回

宅建は国家資格の中でも難易度は中位に位置する資格です。国家資格の中でも上位3つの資格と比べれば難易度は落ちますが、決して簡単な資格ではないのでしっかり計画を立てて勉強していかなくては取得できない資格です。試験は年に1度開催されているので、そこで合格する事で資格を得られます。試験の合格点は毎回固定の点数がある訳ではありません。問題も毎回違うので、その時々で試験の難易度に差が出ることがあります。しかし受験者の平均点数から合格点が決定されるので、いつ試験を受けても合格する難易度は変わりません。一回目で合格する人も少なくないので、独学でもしっかり計画を立てることで最短の期間で資格取得できます。

スクールを使わなくても合格可能

宅建の資格を取得するための勉強ができるスクールで勉強する事で宅建の試験を熟知した講師に教えてもらえるので、効率的に勉強ができます。またスクールに通う事で勉強をする習慣がつくので、試験に向けて勉強を継続しやすいとも言えます。また教材もスクールが用意してくれるので、自分でどの教材が良いか選ぶ手間も無くなります。しかしスクールに通うにはそれなりに費用がかかります。通信講座や教材を自分で用意して独学で勉強する事でスクールに通うよりも低い費用で勉強ができます。自分で勉強するときに大切なのは自主的に勉強をする習慣をつける事と勉強を進める計画を立てることです。また教材選びも自分で行わなくてはなりませんが、教材は勉強の成果に大きく影響するので慎重に使う教材を選ぶ必要があります。

自宅にいながら宅建の講座を受講でき、隙間時間を活用して学習することができるので資格取得に向けて勉強ができます。