理論暗記の初歩からの勉強方法を一部紹介します

科目合格をする為には理論暗記は必須となります

税理士資格の試験は、簿記論を除く科目の問題構成は計算50点、理論50点となり、税理士という職業に就くためには、消費税、法人税等の税法の暗記を行う作業は避けて通ることは出来ないのです。

今回はそんな避けることは出来ない理論暗記のお勧め勉強方法をいくつか紹介していきます。

まずは書きながら理論暗記してみよう

「書く」という行為は、頭を使っているのと同時に、体も使用して記憶に留めることが出来る行為であり、実際の税理士試験においても、問題用紙に回答を筆記して答案している訳ですので、非常に実践的な方法です。

まだ理論暗記というものに馴染みがない方には非常に有効な方法であり、もしも試験中に緊張してしまい、全てを忘れるような事態に陥ってしまっても、「体が覚えてくれている」という歯止めなる方法といえます。

しかし、この方法には弱点も存在します。

それは、時間効率が悪いという点です。

この方法だと、確実に覚えていくことは出来るのですが、「書く」という行為も同時に行っているので、一つの税法部分を覚えるのに非常に時間が掛かるという難点が存在しています。

馴染んで来たら自分に合った方法を探してみよう

理論暗記に頭が馴染んで来たら今度は、その教科書等に、自分が覚えやすいように「斜線」等で区切りを付けて理論暗記を行っていきましょう。

人間の脳は、電話番号と同じようにある部分で区切りを付けていくとその番号を覚えやすくなるという習性が存在しており、これを理論暗記にも応用して暗記を行っていくのです。

纏めると、科目合格をする為には自分にあった勉強方法を構築し、いかに効率良く勉強をし理解を深めていけるのかが合格の鍵となる、ということなのです。

税理士の講座は基本的に企業の経営者などが税金などの対策の為に出席することがあります。税に関しては素人ではなかなか気が付かないことを教えてもらえます。